口コミでおすすめされる人気ブライダルエステを調査!体験談や効果のほどは…?

口コミで人気のおすすめブライダルエステサロンカタログ
人気ブライダルエステの効果と口コミをチェック » ウエディングドレスの歴史は奥深い!美しく賢い花嫁を目指そう » ウェディングドレスをレンタルするときは相場をチェックしよう!

ウェディングドレスをレンタルするときは相場をチェックしよう!

結婚という転機で訪れる新生活は、様々な出費が発生します。そのため、結婚式にかかる費用は、なるべく安く抑えたいと思う人も多いでしょう。

そんな夫婦におすすめなのが、レンタルによるウェディングドレスです。ここではレンタルする際の費用相場や、お得に利用するポイントを併せて紹介します。

衣装はどのように選ぶか?

「どうやってウェディングドレスを準備しましたか?」結婚式を行った先輩花嫁に上記のアンケートをとったところ、このような結果が出ました。

  • 1位 レンタル
  • 2位 オーダーメイド
  • 3位 購入

これを見てわかる通り、ほとんどの方がウェディングドレスをレンタルしています。一度しか着ることがないので、購入するのはもったいないというのが本音ではないでしょうか。

では、ウェディングドレスをレンタルするときの費用相場や、費用をおさえるコツについて学んでいきましょう。

ウェディングドレスのレンタル相場っていくらするの?

ウェディングドレスのレンタル費用相場は、以下の通りです。

  • 1位 20~25万円
  • 2位 30万円以上
  • 3位 25万円~30万円

10万円以下でレンタルできるドレスもありますが、デザインや品質面で選べる範囲が狭くなるのが現状です。そのため、最も種類が豊富にある20~30万円台のドレスが人気が高いようです。

また、ドレスの他にもインナーや小物、新郎の衣装代なども合わせてレンタルの予算を考えておくことがポイントです。

式場の提携先以外のウェディングドレスは「持ち込み料金」がかかる

持ち込み料金とは?

万が一、式場の提携先以外で着てみたいウェディングドレスを見つけて、それを挙式で着用したい場合は「持ち込み料金」が発生します。

持ち込み料金の対象は、ウェディングドレスのような衣装に対してかかるもので、価格は1着あたり約5~10万円かかるのが一般的です。

ただし、他にもブーケや引き出物、写真・ビデオの撮影依頼なども式場の提携先以外で準備すると、別途持ち込み料金が発生することもあります。

持ち込み料金が発生する理由

持ち込み料金が発生するのは、主に持ち込みしたドレスの保管料金やトラブルを避けるためです。

そのため、持ち込み料金を支払えば、式場にて挙式当日までドレスを保管してくれます。ドレスを保管している間に汚れてしまったり、ほつれたりしてしまった場合は、この持ち込み料金から保証されるわけです。

ただし、衣装代込みのパック料金を利用している場合、持ち込みをしたとしても衣装代が返金されることはありませんので注意しましょう。

ウェディングドレスの節約ポイント

ウェディングドレスをレンタルする場合、やはり多額の費用がかかってしまうのは否めません。しかし、ポイントをおさえておけば、幾分か節約することが可能です。ここでは、ウェディングドレスをレンタルする際に役立つ節約ポイントをご紹介しましょう。

POINT.1予算を予め決めてショップを比較する

実はレンタルショップなどは、ウェディングドレス自体の価格を明確に決めていないところがほとんど。そのため、客が提示した予算に合わせて費用を決定することが多いです。実際に衣装を決める際は、予め予算を決めておくことが値段交渉の材料となり、節約に繋がります。

さらに、複数のショップを比較することによって、参考価格の提示からの値段交渉がしやすくなるでしょう。レンタル費用相場をチェックしておけば、ショップ側が高い料金を提示してきても鵜呑みにすることがないので安心です。

POINT.2まとめて同じショップでレンタルする

ウェディングドレス以外にも、小物類や新婦用のタキシードなども一緒にレンタルしたい場合、全部まとめて同じショップでレンタルするのがおすすめです。

まとめてレンタルすることにより、支払総額に応じてアイテムごとの単価を調整してくれます。なかには、5点ほど借りて半額以下の料金にしてもらえることもあるため大幅な節約効果が期待できます。

POINT.3持ち込み料金を負担してくれるサービスを利用する

一般的に、契約した式場の提携先以外でウェディングドレスをレンタルすると、持ち込み料金が発生します。しかし、レンタルショップによって持ち込み料金の一部、もしくは全額を負担してくれるサービスを提供しているところがあります。

もし、式場の提携先以外で借りたウェディングドレスを挙式で使用したい場合は、持ち込み料金の負担サービスを行っているショップを利用すれば費用が浮きます。

POINT.4県民共済や都民共済のブライダルプラザの利用

衣装にかかる費用を大幅に節約したい場合は、都道府県にある非営利団体の、共済ブライダルプラザを利用するのが良いでしょう。共済に入会することで、会員特典で割引価格の適用を受けられます。

例えば、都民共済ブライダルプラザの場合、レンタルの小物付きウェディングドレス1着で約18,000円、持ち込み料金も負担してくれるという激安価格です。

ただし、割引の適用となる衣装や試着枚数、予約対応に制限がありますので確認してから利用しましょう。

POINT.5アウトレットショップを利用する

ドレスのアウトレットショップは、過去にレンタルで使用されたものやB級品、リユースされた中古品をお得に購入できるショップです。

中古品と言っても、1~2回レンタルしただけの綺麗なものが多いので、着用する分には特に問題はありません。

また、値段も3万円程度と手頃なものが多く、掘り出し物が見つかる可能性も高いでしょう。ただし、返品や交換を受付していないことがほとんどなので、状態を確認してから購入しましょう。

二次会用の衣装をお得にレンタルする方法

ウェディングドレスは、挙式や披露宴だけではなく二次会を行うときにも必要になります。

挙式、披露宴から二次会まで通しで同じものを着るのもいいですが、会場や集まるゲストが変わることを考えると、違う衣装を身につけたいという希望もあるでしょう。

しかし、ウェディングドレスを2着準備することになれば、その分だけ費用もかかってしまいます。ここでは、二次会用ドレスにかかる費用相場と、節約する方法をご紹介します。

式場の提携先以外で二次会を行う場合

式場の提携先以外の二次会会場でウェディングドレスを着用する場合、持ち出し料金が発生します。持ち出し料金は、レンタル代の約20~30%かかるのが一般的です。

ウェディングドレスのレンタル代は平均42万円くらいなので、二次会の持ち出し料金は10万円前後かかる計算となります。

披露宴とは別にドレスを用意する場合

披露宴とは別に二次会のウェディングドレスを用意すると、1着あたり約2~4万円かかるのが相場です。

もちろん、小物やタキシードを別でレンタルすることになれば、別途費用がかかるため、10万円前後必要になるケースが多いです。

ネットショップを利用してみよう

別の衣装を用意する際に安く済ませるには、ネットショップを利用するのがおすすめです。

ネットショップでは、海外製のウェディングドレスを多く取り扱っていますし、試着システムなどを用意しているところもあります。

肝心なレンタル料金も5万円以下と、非常にリーズナブルな価格でレンタルできるのも魅力でしょう。ただし、サイズや素材色みなどは充分確認した上でレンタルすることが大切なので、前もって時間をたっぷりとって準備をはじめましょう。

エリア別花嫁から支持されるおすすめのブライダルエステサロン厳選集 厳選サロンをチェック
式まであと何日?ブライダルエステの時期別おすすめコース
ブライダルエステとは?知っておきたい基本情報
PAGE TOP▲