口コミでおすすめされる人気ブライダルエステを調査!体験談や効果のほどは…?

口コミで人気のおすすめブライダルエステサロンカタログ

ブライダルエステの利用回数

初めて利用するブライダルエステ。ただ、どれくらいの回数を利用すればいいのかわからない人も多いでしょう。ここでは、利用回数の目安、種類別の階数目安を紹介します。

ブライダルエステの利用目安が知りたい!

ブライダルエステの回数はどれくらい?

施術を受ける回数には個人差がありますが、最も多いのが5回以上9回未満受けたという方です。

顔や首、デコルテ、背中などいろいろな箇所をケアするためにコースを選ぶ方が多く、その回数がだいたい5回~8回になっています。

少なすぎてもしっかりケアできませんし、多すぎてもお金がかかってしまうため、これぐらいの回数が丁度いいと言えるでしょう。

ブライダルエステの回数は経済的な理由と関係している

ブライダルエステに長期間通うという方は少なく、だいたい式の直前から長くても3ヵ月未満で通う方がほとんどです。

式当日にベストな状態で迎えるためには、どのような内容の施術を受ければいいのか、どのくらいの期間が必要なのかを考える必要があります。

その上でブライダルエステを受ける方が多く、また予算的なことも施術回数に影響しているようです。

エステに通う回数が多くなるとその分お金もかかるわけですから、結婚後の生活にも支障を来す可能性があります。

このようにブライダルエステの回数は、経済的な理由と大きく関係していることが伺えます。

ブライダルエステの種類で通う回数が違ってくる!

一言でブライダルエステと言っても、その種類には様々なものがあります。種類によっても通う回数が変わってきますので、把握しておきましょう。

ダイエット(痩身):最低でも1週間に1回が目安

より美しい姿で式当日を迎えるためには、痩せて綺麗になることが大事です。そこでブライダルエステでは、ダイエット目的の施術を行っています。

自分ではダイエットできるか不安な方や、式当日までに確実に痩せたいという方にぴったりです。

痩身エステの施術を受ける場合は、ゆとりを持って結婚式の6ヵ月前には始めるようにしましょう。期間が短くなればなるほど、その分無理な食事制限を余儀なくされてしまいます。

6ヵ月前から始めることで月3~4回のペースで通うことができ、しっかりとした痩身効果が得られます。

6ヵ月前から通うのが難しいという場合は、1~2ヵ月の短期集中コースに通うのがおすすめです。

短期集中コースは、初回限定の割引キャンペーンを行っているところが多く、通常より手頃な値段で施術が受けられます。

施術回数はサロンごとで違いますが、月4~13回くらいまで通えるようになっています。

1ヵ月で痩せるためには、最低でも週に1回は通えるサロンを選ぶことです。痩せたい部位を集中的にケアすると痩身効果が得られやすいですが、全身痩せすることも可能です。

ボディケア:月2~3回通い、全6~9回が目安

ブライダルエステで欠かせないのが、ボディケアです。ウェディングドレスは腕や背中、二の腕など露出する部分が多いです。そのため、きちんとしたボディケアをしておくことが大切です。

ボディケアを受けるなら、式の3~4ヵ月前には通うようにしましょう。何故なら、肌のターンオーバーは28日~56日程度で行われ、その期間に合わせてケアすることでより美肌効果が高まるからです。

身体の部位によってターンオーバーの期間は異なりますが、顔だと古い角質が剥がれ落ちるまで10日前後、腕だと20日前後かかると言われています。

手や足などの末梢部分は血行が他の部位と比べてあまり良くないため、ターンオーバーの期間も長いです。

そのため、身体にできたニキビやくすみなどを改善するには、顔の倍近くの期間が必要になることを認識しておきましょう。

3ヵ月前に施術を開始することで月に2~3回通って全部で6~9回ほど施術を受けられるので、しっかりと美肌効果を実感することができます。

フェイシャル:月2~3回通い、全6~9回程度

フェイシャルケアは、ブライダルエステの中で最も人気の高い施術です。顔は一番目につく部分なので、晴れの舞台を美しい姿で迎えるためには欠かせないケアとなります。

顔は普段からきちんと洗顔をしていれば、自身の力で綺麗になりますが、日頃の生活習慣やストレスなどによってその力が弱まってしまいがちです。

エステでケアすることによって肌の再生力を呼び戻し、美しい肌を手に入れることができます。

フェイシャルケアを開始する時期としては、挙式の3~4ヵ月前がおすすめです。肌質によっては施術で使用するクリームなどが肌に合わない場合もありますので、そのようなトラブルも想定した上で、早めに施術を開始することです。

3ヵ月前くらいから施術を始めることで、ボディケアと同じように月に2~3回通い、全部で6~9回施術を受けることができます。

それだけ通うとフェイシャルケアの効果がしっかり出て、肌の調子も整ってくるでしょう。

シェービング:1回の施術 挙式の1~2週間前

ウェディングドレスは、普段露出することのない背中や腕などを出すことが多いです。そのため、シェービングだけは受けておきたいという人もいるようです。

シェービングで身体の毛を剃っておくことで、産毛と一緒に古い角質も取り除くことができます。その影響で肌がワントーン明るく見えるようになり、ドレス姿もより綺麗に映えるでしょう。

シェービングを行う回数は、1回で十分です。あまり回数を重ねても意味がありませんし、肌に負担を与えることになってしまいます。

なかには、シェービングをした後に皮膚がヒリヒリして赤くなる人もいますので、挙式の1~2週間前には受けておくようにしましょう。

前もってシェービングしておくことで、万が一トラブルが起こっても式当日には肌が落ち着いているので安心です。

肌が弱くて不安だという人は、1ヵ月前くらいに試し剃りをして肌の状態を確かめてからシェービングしてもらうことをおすすめします。

挙式のスケジュールで考えるブライダルエステの回数

ブライダルエステの回数は、挙式のスケジュールに合わせて決めることもできます。

長期、中期、短期のそれぞれのスケジュールでは、どのくらいの回数が目安となっているのでしょうか。施術内容と合わせて見ていきましょう。

挙式6ヵ月前の「じっくり派」は10回が目安

挙式の6ヵ月前くらいから施術を開始して、じっくりケアをしたいという人もいるでしょう。その場合は、10回を目安に施術を受けるといいです。

まずは、挙式の6ヵ月前にカウンセリングと施術のプラン内容を決めていきます。

プランの詳細が決まったら、次は挙式の5~2ヵ月前頃に背中のニキビ・黒ずみを改善するボディケアや、美白・保湿のフェイシャルケアなどを月に1回程度行っていきます。

挙式まで1ヵ月を切ると、お試しで顔のシェービングを行い、肌に合うか確かめていきます。特に異常がなければ、挙式の2~3週間前に背中のトリートメントをして、腕やデコルテのマッサージなどを週に1回~10日に1回程度行っていきます。

いよいよ挙式まで1週間となると本格的にシェービングを行い、3日前にネイルやボディ・フェイシャルの最終仕上げをしたら全スケジュール完了です。

挙式3~1ヵ月の「かけこみ派」は7回が目安

挙式の1~3ヵ月前から始める短期プランは、7回くらいを目安に施術を行っていきます。

限られた時間の中でもしっかりケアできるように、背中やデコルテなど気になる部分の施術を集中的に進めていくことがポイントです。

まずは挙式の3ヵ月前にカウンセリング・プラン決めなどを行い、今後のスケジュールを詳しく話し合っていきます。

スケジュールが決まったら、挙式の2ヵ月前に背中や腕などのマッサージ、美白や保湿効果のあるフェイシャルケアなどを月に1回程度行っていきます。

挙式の1ヵ月前になると、顔のお試しシェービングをして肌の状態を確認します。特に何もなければ挙式の2~3週間前に背中のトリートメントや腕・デコルテのマッサージなどを週に1回~5日に1回程度の頻度で施します。

挙式の1週間前になると全体的なシェービングを行い、3日前にネイルやボディ・フェイシャル共に最後の仕上げをして式当日を迎える形となります。

挙式直前の「1DAY派」は1回が目安

挙式の1日前に行う1DAYプランは、主にフェイシャル、背中、二の腕、シェービングなどの花嫁にとって欠かせないケアを一式で行うプランです。

フェイシャルケアは、クレンジングで肌の汚れを綺麗に落とし、マッサージをして顔の血行を良くしていきます。顔の血行が良くなってきたら、パックや美容液などで肌の調子を整え、デコルテもトリートメントでケアします。

また、背中もクレンジングやパックなどで綺麗にします。ドレスを着る際に背中を露出することが多いので、ニキビができていたりぜい肉がはみ出ていたりしたら恥ずかしいですよね。そんな思いをしないためにも、背中は入念なケアが必要です。

そのほか、二の腕もドレスを着ると目立ちやすい部分です。サロンでは、マッサージなどを施して気になる二の腕のお肉をケアし、スッキリとした印象に仕上げてくれます。

また、花嫁にとって欠かせないケアとなるシェービングも行っていきます。

顔やデコルテ、腕、背中など自分でも気づきにくい部分のムダ毛もしっかり処理してくれるので、より美しい状態で式当日を迎えることができるでしょう。

エリア別花嫁から支持されるおすすめのブライダルエステサロン厳選集 厳選サロンをチェック
式まであと何日?ブライダルエステの時期別おすすめコース
ブライダルエステとは?知っておきたい基本情報
PAGE TOP▲