口コミでおすすめされる人気ブライダルエステを調査!体験談や効果のほどは…?

口コミで人気のおすすめブライダルエステサロンカタログ

ブライダルエステの必要性とは

 結婚式前に受けるブライダルエステを利用するメリットやデメリット、必要性について見ていきましょう。

そもそもブライダルエステに通う必要はあるの?

ブライダルエステは、わざわざ通う必要はあるのか?利用のメリットとデメリットを見ていきましょう。

ブライダルエステのメリット

ブライダルエステに通うメリットは、背中などの自分ではケアできない部分まで綺麗にして万全な状態で結婚式当日を迎えられるということです。

ニキビやくすみをなくして肌を綺麗にすることができるほか、マッサージで気になる箇所を細くすることもできます。

肌が綺麗になったり、ぜい肉がなくなったりすることで、ウェディングドレスをより美しく着こなすことができるでしょう。

また、エステティシャンから体型維持や改善のポイントを直接聞くこともできるので、自分でもしっかりケアすることができます。

ニキビやムダ毛のある肌、ブヨブヨのぜい肉がついた体型のままだと、結婚式へ訪れる多くのゲストの前で恥をかいてしまいます。

そのような思いをしないためにも、ブライダルエステを受けて、プロのケアで完璧な美しさを手に入れましょう。

ブライダルエステのデメリット

ブライダルエステのデメリットは、お金がかかってしまうことです。施術内容やサロンによって費用は異なりますが、ブライダルエステは平均でだいたい8万円前後の費用がかかると言われています。

そのため、新婚旅行や結婚式そのものにお金をかけたいという人にとっては、少しネックになってしまうでしょう。

ブライダルエステは自分ではケアが難しい部分も綺麗にできることから、少しでも気になる部分がある場合は受けたほうがいいです。

しかし、特に気になる部分がなければ受けなくても問題はないと言えます。その分費用を節約することができますので、ブライダルエステを受けないという選択肢もありです。

ブライダルエステを受けずに花嫁姿を残して大丈夫?

ブライダルエステを受けるのと受けないのとではどのような差が生まれるのでしょうか。結婚式をより最高の思い出にするためにも、後悔のない選択をしましょう。

1.セルフケアの落とし穴

ブライダルエステに通うとお金がかかってしまうため、自分でケアしようとする人もいます。

しかし、セルフケアをしても思うような効果が得られなかったり、逆に肌を傷めてしまったりといったトラブルを招く可能性があります。

特に自分で行う人が多いシェービングは、カミソリで誤って皮膚を切ってしまったり、何度も剃ることで肌に刺激を与えてしまったりといった問題を引き起こすことが多いです。

ブライダルエステを受けることで、プロのエステティシャンが丁寧にケアしてくれますので、肌を傷める心配もないでしょう。

2.メイクのりの違い

ブライダルエステでフェイシャルケアをしておくことで、メイクのりが大きく変わります。

顔のシェービングをすることで、産毛がなくなり肌のトーンも明るくなるので、メイクを一段と映えさせることができます。

施術を受けないままだと、肌のツヤや血色が悪く見えてしまうこともあります。産毛の剃り残しなども出る可能性があるため、メイクがしっかりのらなくなってしまうでしょう。

そのため、顔は自分でもケアできると侮らず、プロの力を借りてフェイシャルケアをしておくことをおすすめします。

3.理想と現実のギャップ

挙式を終えた花嫁さん達の意見で、最も多いのが「花嫁姿にもっとこだわれば良かった」というものです。予算や時間の問題でブライダルエステに通わなかったばかりに、後から写真でぜい肉のついた腕や背中、荒れた肌などを見てショックを受ける人が多いようです。

また、結婚式の会場では照明が当たるため、普段はあまり気にならない産毛でも目立ってしまうことがあります。「毛深くないから平気」とシェービングをしなかった人は、写真で肌の暗さを見て「やっておけば良かった」と後悔する意見が多いです。

一生の思い出に残る結婚式だからこそ、後から「もっとこうしておけば良かった」と後悔しないようにしましょう。

ブライダルエステの必要性、男性の意見は?

ブライダルエステを受けることについて、男性はどのように思っているのでしょうか。男性側の意見を詳しく見ていきましょう。

「ブライダルエステ」には賛成ですか?

  • はい:45.0%
  • いいえ:55.0%

ブライダルエステを受けることに対して、男性側の意見は反対派が少し上回るという結果になっています。その理由は、やはり金銭的な問題が絡んでいるようです。

結婚式にも多額の費用がかかるのはもちろん、結婚式を終えた後の生活のことも考えなければなりません。そのため、ブライダルエステを受けることに対して少し消極的な考えを持つ男性が多くなっています。

予め費用に関してしっかり話し合いをしておかないと、後から請求書を見てトラブルになる可能性もあります。

「誰がいくら払う」ということをきちんと決めておき、トラブルにならないようにしておきましょう。

どんな部分にエステを受けてほしい?

  • 美肌・ニキビケア: 62.2%
  • 毛の処理:43. 7 %
  • 痩身・ダイエット :41.5%

ブライダルエステを受けることに「賛成」という男性の中で、特に受けてほしいと思っている施術が「美肌・ニキビケア」だということが分かりました。

ドレスを着たときに背中や胸元が見えるので、肌荒れしていると気になるという意見が多いようです。また、肌を綺麗に見せるために重要な「毛の処理」もしてほしいという男性も半数に上ります。

ブライダルエステを受けることに賛成派の男性は、ドレスを着たときの肌の露出や、写真写りを気にする傾向にあるようです。

ブライダルエステの必要性について話し合うのは大事!

挙式費用にエステ代を含めるときのポイント

結婚式の費用に加えてブライダルエステの費用も支払うとなると、とてもお金がかかります。そのため、できるだけ安く済ませる方法を検討しておくといいでしょう。

結婚式会場と提携している美容室やエステサロンを利用すると割高になることが多いため、外部で割安なサロンを探しておくことをおすすめします。

ヘアメイクなども外部の業者に頼むことで、安く済ませられることが多いようです。そのほか、自分でできる範囲の箇所はセルフケアで済ませるというのもありです。

また、ブライダルエステを含めて結婚式全般にかかる費用を折半する場合は、金銭トラブルに発展しないように事前に支払い割合を話し合っておくことが大事です。

特に女性の美容代や、衣装などは費用が高くなりがちなので、「どのくらいの費用がかかるのか」「誰が何の費用を支払うのか」ということをしっかり決めておきましょう。

ブライダルエステは自己投資

結婚式は人生の晴れ舞台です。そんな晴れやかな日を最高なものにするためにも、一番綺麗な状態で迎えたいというのは花嫁共通の願いでしょう。

ブライダルエステには、5万~10万ほどかかります。そのお金を花嫁自身で負担するという人が約8割にも上るということが分かっています。

その理由としては、やはり「ウェディングドレス姿を美しく見せたい」「多くのゲストと関わるため身だしなみの一つとしてやっておきたい」という意見が多数です。

また、ブライダルエステを受けることで、美しくなるのと同時にリラックス効果も得られます。挙式の準備で疲れた身体を癒し、気持ちにゆとりを持たせるために通うという人もいるようです。

一生に一度の晴れ舞台を迎える前に、自己投資としてブライダルエステは花嫁にとって必要性のあるものだということが伺えます。

エリア別花嫁から支持されるおすすめのブライダルエステサロン厳選集 厳選サロンをチェック
式まであと何日?ブライダルエステの時期別おすすめコース
ブライダルエステとは?知っておきたい基本情報
PAGE TOP▲